OMソーラーと太陽光発電でエネルギーを自給自足。光熱費ゼロの地球に優しい家づくりを目指します

OMソーラーについて

OMソーラーが目指すもの …それは、心地よさを追い求めて手に入れた、変わることのない価値

もともと自然がもっている力を利用して、快適な住まいを生み出すOMソーラーの家づくり。
その基本は、いつの時代でも不可欠な「デザイン」「省エネ」「健康」という3つの考え方で構成されています。
心地よさを追い求めることで手に入れた、変わることのない価値がここにあります。
 webimg-1

しくみ

家全体を温める冬の床暖房、風の流れで涼しい室内環境をつくる夏、 四季を通じて快適な暮らしを目指す、OMソーラーのしくみをご紹介します。
webimg-2
OMソーラーのしくみは、太陽で床暖房する冬の働きが基本です。 太陽熱を集めて、蓄熱して、家全体を温めます。
section03_img
webimg-3
屋根に降り注ぐ太陽の熱や太陽光発電時に発生する熱を利用して、冬の冷たい外気を温め、太陽電池で駆動するハンドリングボックス内の小型ファンの力を借りて床下に温風を送ります。 床下に送る途中でOMエアフォールを通過することで、清浄化された空気が床下に広がり、コンクリートの蓄熱層に熱を蓄えながら室内を温めます。
 section04_dt_img01
webimg-4
夕方、外気温がさがり始める頃から、昼間のうちに蓄熱された床下の熱が、ゆっくりと放熱を始め、床を伝って建物全体を温めます。
section04_dt_img02
webimg-5
降り注ぐ太陽により熱せられた屋根の熱は室温に影響します。 これを防ぐため小屋裏の夏排気口から熱を排出します。 この熱はただ排出するだけでなく、貯湯槽の水を温めることに使用します。
section04_dt_img03
webimg-6
快晴の日の雲のない夏の夜は、放射冷却現象を利用して涼しい外気を室内に取り込みます。 冷房ほどではありませんが、ほんのり涼しい夏の夜を、と考えられたしくみです。 冷えすぎることのない、体に優しい空気が室内に流れます。
section04_dt_img04

自然に寄り添いながら暮らす

日本人は古来より、自然豊かな風土の中で、四季の移ろいに寄り添いながら暮らしてきました。 しかし現代では、快適さだけを追い求めた“高断熱・高気密”の住宅が増え、電気エネルギーに依存したライフスタイルが主流となりました。 しかし“高断熱・高気密”の住まいは、住む人を箱の中に閉じ込め、日本人が親しんできた自然との共生を、遮断してしまいました。 OMソーラーは、外部の自然環境をうまく取り入れながら、かつての日本家屋のように四季折々の豊かな変化を楽しむための家です。 家と、家の外の境界を柔軟にとらえ、人にも地球にもやさしい、快適な暮らしを生み出す。 ミツキホームは、そんなOMソーラーのライフスタイルを提案致します。
OMソーラーについて、更に詳しく知りたい方はこちらへ
 om-logo_2

 

お問い合わせはお気軽にフリーダイヤルから… TEL 0120-180-680 受付時間 9:00 - 18:00 [年中無休]

side-1

okyakusama_koe

econavi-1

suwama

books-1

アーカイブ

ミツキホームの施工対象市町村

【茨城県内】 水戸市、日立市、笠間市、ひたちなか市、那珂市、常陸太田市、大宮市、高萩市、北茨城市、茨城町、大洗町、城里町、大子町、東海村
【福島県内】 いわき市、矢祭町、塙町、棚倉町、浅川町、古殿町、石川町
※上記以外のエリアでも、対応可能な場合がございます。詳細はお問合せ下さい。

PAGETOP
Copyright © ミツキホーム株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.